BlindJusticeええ感じ改造 | 一覧 | 検索 | 更新履歴(RSS) | 編集(管理者用) | 差分

個人設定

編集(管理者用)

説明

編集(管理者用)

プレイヤーが$m{...}を1か0に設定できるページ。

人によって好みがありそうな改造はこの0,1をifに引っ掛けてプレイヤーに委ねる。

設定後に再度 設定ページに行くと

現在の設定とされている所にチェックマークが入る。

何も変化がなければ「やめました」と出てマイルームに戻る。

設置方法の一例

if ( $m{...} ) { 改造 }

else { デフォルト }

な感じで書く。

ソース

参考にするときは利用規約に一目通してください。

http://bjsite.main.jp/WalWiki/up/files/myself_setting.txt
2012/06/06 ミスを修正

#================================================
# セリフ変更  Created by Merino
# 個人設定 Edited  by ごっつ
#================================================
#------------------------------
# $m{...}の...部分 => { 
# title  => 'プレイヤーへの説明',
# value0 => '$m{...} = 0の時の設定',
# value1 => '$m{...} = 1の時の設定',
# },
#------------------------------
my %setting = (
	no_i	=> {
		title  => '<b>携帯での</b>戦闘時のアイコン表示',
		value0 => 'する',
		value1 => 'しない', 
		},
	kaigyo	=> {
		title  => '交流・牢獄での改行入力',
		value0 => '不可',
		value1 => '可',
		},
	act_p	=> {
		title  => '修行討伐での疲労・経験値の表示',
		value0 => '表示しない',
		value1 => '表示する',
		},
	hira	=> {
		title  => '完全会得済みの技を閃いたときにその技を覚えるか',
		value0 => '覚える',
		value1 => '覚えない',
		},
);
my @setting_keys = keys %setting;
sub begin {
	$layout = 2;
	$mes .= qq|<form method="$method" action="$script">|;
#---------
	for my $k (@setting_keys){
		$mes .= qq|--------------------|;
		$mes .= qq|<p>■$setting{$k}{title}</p>|;
		$mes .= qq|<p>|;
		if ($m{$k}){
			$mes .= qq|<input type="radio" name="$k" value="1" checked="checked">$setting{$k}{value1}|;
			$mes .= qq|<input type="radio" name="$k" value="0">$setting{$k}{value0}|;
		}
		else{
			$mes .= qq|<input type="radio" name="$k" value="1">$setting{$k}{value1}|;
			$mes .= qq|<input type="radio" name="$k" value="0" checked="checked">$setting{$k}{value0}|;
		}
		$mes .= qq|</p>|;
	}
#----------
	$mes .= qq|<br><br><br>|;
	$mes .= qq|<input type="hidden" name="id" value="$id"><input type="hidden" name="pass" value="$pass">|;
	$mes .= qq|<input type="submit" value="変更する" class="button1"></form><br>|;
	&n_menu;
}

sub tp_1 {
	&refresh;
	my $is_rewrite = 0;
#----------
	for my $k (@setting_keys){
		if (defined $in{$k} && $in{$k} ne $m{$k}) {
		$m{$k} = $in{$k};
		$mes .= "$setting{$k}{title}:$setting{$k}{value1}<br>" if $in{$k};
		$mes .= "$setting{$k}{title}:$setting{$k}{value0}<br>" unless $in{$k};
		$is_rewrite = 1;
		}
	}
#----------
	if (!$is_rewrite){
		$mes .= 'やめました<br>';
		$m{lib} = 'myself';
	}
	else{
		$mes .= 'に変更しました<br>';
	}
	&n_menu;
}

1; # 削除不可

使用例

ええ感じ大陸では

$m{hira}

を新たに追加して完全習得済みの技は覚えないようにするのか、しないのかの判断材料に使っている