戦争

戦争 奪える国力 進軍時間 攻める方法−小数・通常・長期 戦争コマンド−攻撃・防御・突撃 戦争で減らせる兵士数 一騎打ち 引き分け 敗北 退却 戦争勝利−滅亡・復興・統一

戦争

他の国に進軍し、勝てば国力を奪うことができる 滅亡国や同盟国には攻めることはできない 戦争を行うとその国との友好度が下がる。友好度低い場合、その国と交戦状態となる。 交戦状態になると戦争勝利時の奪国力が増加する。 外交の「宣戦布告」でも交戦状態になる 交戦状態を解除するには、外交の「停戦協定」を結ぶ必要がある ▲

奪える国力 定員より所属人数が少ないとその分多く奪うことができる 階級が高いほど多く奪うことができる(世界情勢で「革命」「下克上」の時は低い方が多く奪うことができる) 世代数が多いほど多く奪うことができる(世界情勢で奪国力が変わる時は除く) 長期遠征>通常戦争>少数精鋭。 交戦状態になると多く奪うことができる その他:世界情勢により変化 ▲

進軍時間 進軍時間は、部隊や進軍短縮ペットによって増減します ただし、進軍時間が極端に短くなってしまう場合(15分以下など)は、効果を発揮しない また、部隊と進軍短縮ペットの兼用はできない ▲

■攻める方法 少数精鋭(通常の0.5倍) 部隊数、必要物資それぞれ1/2で攻め込みます 迎え撃つ相手の部隊も1/2です。経験値、奪える国力は少なめです、奪国力最高150です ペットなどを使って150以上奪える方は80〜150程度になるように自動調整されます 通常戦争(○○分-未定) 通常戦争が出来るのは、戦争勝利数1以上で可能。部隊数そのままのノーマル 長期遠征(通常の1.5倍) 長期遠征が出来るは、その国で勝ち数が10勝以上、負け数よりも勝利数が多いと可能 部隊数と進軍時間が1.5倍、必要物資が2倍で攻め込む 迎え撃つ相手は通常戦争の時の兵数 経験値、奪える国力が多めです ▲

戦争コマンド 基本的に「攻撃陣形、防御陣形、突撃陣形、退却」のコマンドで行われる 攻撃陣形>防御陣形>突撃陣形>攻撃陣形の三すくみとなっている 陣形戦に勝つと、敵軍の兵と指揮を多く減らすことができ、自軍の指揮が上昇する 陣形戦に負けるとその逆が自軍に起きる。 同じ陣形の時は、両軍の士気が少し上昇する 限界ターンが決まっており、その間に決着が着かない場合は引き分けとなる なお、長期遠征は限界ターンが少し長い ▲

戦争で減らせる兵士数(ダメージ) 統率力と兵士数と士気が大きく影響する また、部隊の攻撃、防御力により多少増減する 部隊の相性が良いと1.5倍 陣形に勝利すると2倍、陣形に失敗すると0.5倍 ▲

一騎打ち たまに、「退却」の代わりに「一騎打ち」のコマンドが出現する 一騎打ちを申し込むと、1対1の通常戦闘が行われる。(稀に断られることがある) 一騎打ちに勝利すると戦争で勝利になる ▲

引き分け どちらの兵も 0 になった時。限界ターンをオーバーしてしまった時 どちらの国の国力も変化しない 生き残った兵は、それぞれ総兵士数にプラスされる ▲

敗北 自軍の兵が 0 になるか、一騎打ちで敗れると敗北 評価が大きく下がる 稀に牢獄に連行される ▲

■戦争勝利 勲章がもらえ、評価が大きく上がる。 また、タイミングが合えば以下のようなことが起こる。 滅亡 自軍の兵が 0 になるか、一騎打ちで敗れると敗北 評価が大きく下がる 稀に牢獄に連行される 復興 戦争勝利により、自国の国力が5000を超えた時。 滅亡ではなくなる 復興出来ない世界情勢もあります 統一 自国が統一国力を超えた時 悠久の石碑の石碑に名前が刻まれる 世界情勢を選択コマンドが出現する


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS